廃車買取に責任を持つ業者を選ぼう

廃車買取に責任を持つ業者を選ぼう

買い替えのために乗らなくなったクルマを廃車にしようと考えた時、やはり1円でもおトクにその処理をしたいと思うものですよね。

廃車には、将来また使うことを予定して一時的にナンバーを外しておく処理を行う「一時抹消登録」と、 スクラップや日本国内ではクルマとして使わないこと等を前提とする「永久抹消登録」の2通りのやり方があります。 このうち後者の場合は、更に、自分でその処理を行なって解体業者に持って行くパターンと、 廃車買取の専門店等に処理を依頼するパターンの2つが主に考えられます。

1円でもおトクに、と考えるならば、自分でお金をかけて処理をするのではなく、 廃車買取專門店に査定をしてもらって、お金をもらって引き取ってもらうのが良いのです。 そして、出来るだけ多くの買取専門店に見積りをもらい、その中から最も高く買い取ってくれるお店に依頼するのが賢い方法です。

ところで、その廃車買取専門店ですが、利用するには注意が必要です。 廃車買取を謳う業者の中には、悪徳な業者もいることがあるからです。 例えば、高く車買取しますと言いながら必要以上の手数料を徴収したり、最初はどこよりも高く買い取りますよと宣言しておきながら、いろいろな経費が上積みされて、結局は“仕方がないから”無料で引き取ることにしますと言ったりする迷惑な業者が存在します。

単なる迷惑で済めばまだ良いのかも知れませんが、中には、とんでもないトラブルに巻き込まれるケースもあり、業者選びは慎重にしなければなりません。

ある悪徳な業者は、廃車の手続き込みでクルマを買い取ったとしても、その手続きを全くしないで、更にそのクルマを中古車として転売してしまいます。 この場合どんなことが起こり得るのかと言えば、まず、廃車にしていないのですから、そのクルマには税金が掛かります。 自動車税は、毎年4月1日時点でのクルマの所有者が納める義務がある税金です。 廃車の手続きをしてもらったはずだと思っていても、自動車税の納税書が届いたら、それは所有者である自分が支払わなければならない立場に立ってしまうのです。

それよりももっと恐ろしいのは、廃車したと思っていたクルマが交通事故を起こし、その所有者がまだ自分だった場合です。 全く見に覚えの無いことなのに、その事故の関係者として警察と関わることになるかも知れないのです。

廃車買取専門店を選ぶのであれば、実績と信頼のある業者をしっかりと見定める必要があるのです。